どうも、ゆきけーです。

今回は、SNSみたいなフキダシで記事が作れるプラグイン
についてお話しします。

 

普通の記事だけじゃなく、
対話形式の記事を作りたくなったとき、
何もない状態では、

A<あいうえお

かきくけこ>B

とか、

C;さしすせそ

D:たちつてと

みたいに書きますよね。

これでも出来ますが、やっぱり見た目もこだわりたい、
そんな時があると思います。

そういった時に便利なのが

「Speech Bubble」というプラグインです。

実は、私のブログのこの記事も
このSpeech Bubbleを使って会話部分を作りました。

はじめに

 

自分が好きなきりたんも使えたので、
この記事は何の用も無いのにちょくちょく見るくらい、
お気に入りです。

 

あなたがこういう風な記事を作りたいと思ったなら、
ぜひここで使い方を学んでいってください。

 

導入方法

導入方法自体は他のプラグインと同様、
プラグイン検索で出ますので、
インストールして有効化、です。

 

使い方

このプラグインの面白所のひとつが、
色々と表現を変えられるところです。

 

まず基本となるフキダシのコードはこちらです。

これをそのまま適用すると、以下のようになります。

名前
セリフ

名前
セリフ


 

いやーすごいですね。

名前とセリフはそのままコードの該当部分を
書き換えれば大丈夫です。

 

そしてもっとすごいのは、
これは人物の左右やフキダシの形などを
いろいろと変えられます。

 

フキダシの種類

フキダシのデザインの種類は9こバリエーションがあります。

変更は、上のコードの【type=”fb”】の、
””の間のコードを変えることで変えられます。

カンタンですね。

 

・drop

名前
セリフ

名前
セリフ


 

・std

名前
セリフ

名前
セリフ


 

・fb

名前
セリフ

名前
セリフ


 

・fb-flat

名前
セリフ

名前
セリフ


 

・ln

名前
セリフ

名前
セリフ


 

・ln-flat

名前
セリフ

名前
セリフ


 

・pink

名前
セリフ

名前
セリフ


 

・rtail

名前
セリフ

名前
セリフ


 

・think

名前
セリフ

名前
セリフ


 

フキダシの接続部分

フキダシの人物に繋がる部分が、
セリフ調か、
モノローグ調に変えられます。

これは、【subtype=”R1″】のところの、
RないしLどちらでも”2”にするとできます。

・L1

名前
セリフ


 

・L2

名前
セリフ


 

 

人物の並び

また、人物が配置される左右ですが、これも変えられます。

【subtype=”L1″】のところの、”L”がレフト、つまり左側で、
”R”がライト、右側です。

 

・R

名前
セリフ


・L

名前
セリフ


 

 

顔の画像のところの変更

そしてもちろん、会の画像ところは好きなものに変えることが出来ます。

この画像は、ワードプレスでなく、サーバー内のSpeech Bubble用の
画像フォルダに入れる必要があります。

サーバーへのアクセスはhtp用のフリーソフトや、
Xサーバであれば、ファイルマネージャーからもアクセスできます。

 

場所は、お使いのドメイン>public_html>{(01)の場合もある}
>wp-content>plugins>speech-bubble>img

です。

この中に画像を入れて、その後に記事作成画面で
コードの【icon=”1.jpg”】の””の部分を、
入れた画像の名前(.jpgとかの拡張子も込みで)を入れます。

あと、画像の名前は日本語だと文字化けしますので、
分かりやすいように
{kiritan-egao-1.png}とかのように
英語にしつつ画像の内容が分かるようにした方がいいですね。

 

取り込む画像は、あらかじめ正方形に成形したほうが、
画像が変に引き延ばされたりしなくていいですよ。

サイズは勝手にリサイズされますので大丈夫です。

 

 

ずんこ
き・り・た・ん♡

きりたん
かわい過ぎます、ずん姉さま!!


 

最高です!

こんな風に楽しく、どんどん使っていきましょう!